2017年06月17日

6/17の日記

きのうは歌舞伎座で昼の部を観劇。

3つの演目それぞれについての感想はあるのだけれど、
特に一つ目の演目『名月八幡祭』には、感想というよ
り大きな違和感を持った。

主役の深川芸者美代吉を演じた市川笑也に対してだ。

きっといい役者なんだろう。いい女形なんだろう。
でも、今回の役に関しては、はまっていなかった。

粋で気風のいい深川芸者には見えなかった。男をだま
すズルい女にも見えなかった。

なによりセリフがよろしくない。

先日『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の玉三郎に感じ
た違和感に似ているけれど、格が違う。

玉三郎との比較だけじゃない、他の役者からも格が
何段も下がって感じる。劣る。

なんでこの人にこの役をさせたんだろう。なんか考え
あってのことなんだろうし、この人を育てたい、なん
とかしたい、というようなことなんだろうけれど、観
てる私としちゃあ面白くない。

ヒモのようなズルい男をやった猿之助も、付き合いで
やったくらいの出来だった。こちらもこの役は合って
ないという印象だ。

そこ行くと、騙される男をやった松緑はよかった。今
までいいと思ったことが一度もなかったので、今回も
期待しないで観てたら、これが予想外のいい出来。こ
の役にはまってた。

器用な役者じゃないんだろうな。だけど、こうして自
分のいいところが存分に発揮できる役をもらうと、こ
んなにも生き生きとした芝居ができるんだなあ。

三振ばっかりだけど、たまに当たると場外ホームラン
ってタイプかもなあ。

そりゃ、どんな役もひととおり、水準に達した芝居が
できるのが歌舞伎役者としては求められることなんだ
ろうけれど、適材適所ってことがあるんじゃないか?

これだけ興行数が多くちゃ、そんなこと言ってらんな
いんだろうけどさ。カチッとはまった芝居が観たいじ
ゃないの。高いお金払ってんだからさ。

これ、歌舞伎だけに限った話じゃないよな。




posted by ミヤマ カヨコ at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする