2017年02月10日

2/10の日記

きのうは横濱『エアジン』で<アホンダラ大久保楽派>
のライブだった。

休憩時間にマスターの梅本さんが私の昔の音源を流し
てくれた。

10年前の『エアジン』でのライブ音源だ。

CD『Circle Step』のレコーディング前に、本番の
気分を高めてあげようという梅本さんの心配りから、
格好の録音環境を整えてくれたのだった。

久々に聴いた。

このころやっていた音楽は封印していた。

自分の記憶の中では、もっとヒドイ内容だと思って
いたけれど、客観的に聴いてみると、案外よくやっ
てた。

悪くない。

今の自分には出来ないようなことをやってるよ。
ジャズやってるよ。

録音されているという緊張感から、集中力が感じら
れる。

結構がんばってんじゃん。

あれはあれでよかったのだな。

10年前の私とピアノのスガダイローの新鮮な演奏
を聴きながら、この10年の変遷の激しさに改めて
驚いた。

今自分はここにいるのだなあ。

分厚かった殻をぶち破りながら、こういうことに
なっている。

自分の今とこれからの進むべき方向がうっすら見え
てきている。

多分間違っていないと思う。

そして、すべてのことはここにつながっていたのだ
なあと実感している。

CD"Amazing Kayoko Miyama/At Last"のライナー
に載せた写真に映っている赤ん坊(わたし)が観てい
たのは、このことだったのだと思うのだ。

ラベル:雑記 音楽 大久保
posted by ミヤマ カヨコ at 17:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
進むべき道が見えてきたのは、素晴らしいですね。
昨夜のライブ、出掛ける用意していたので
聴けなくて残念〜〜。
次は、5月ですね。
Posted by 冨田久美 at 2017年02月10日 19:22
面白かったよー。また聴きに来てくださーい。
Posted by ミヤマ カヨコ at 2017年02月11日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: