2017年05月29日

5/29の日記

きのう海を見てきた。
生まれてから2度目の海。

稲村ガ崎にある、イラストレーターで絵本作家として活躍
した伊藤正道氏のギャラリー、giogio factory(ジオジオ
 ファクトリー)に出かけた。

生まれてから2度目の江ノ電に乗り、車窓から海が見えた
時の感動と言ったらなかった。

初めて海を見たのは19歳の時。江ノ島だった。あの時も
江ノ電に乗った。けれども、それはようやくデートまでこ
ぎつけた男の子のことで頭の中がいっぱいだし、緊張のし
っぱなしで、海どころじゃなかったのだ。海なんか見えち
ゃいない。覚えてるのは、足元の砂だけだ。

あれから何十年か経って、きのう海を見た。おそらく人生
で初めて海を見た。

初めて見る水平線。水平線の向こうに見えるたくさんのヨ
ット。頭上を飛ぶ何羽ものトンビ。波の形。そして初めて
聴く波の音。

目と耳に刻み込むまで長い時間海を見ていた。

伊藤正道氏は、こんな海を毎日眺めながら描いていたから、
あんなふうにピュアな作品を作れたに違いないと思った。

車窓から海を目にした瞬間に、自分の人生には大きな何か
が欠けていたと直感した。

海を見て生きてきた人間とそうではない人間には大きな違
いがあるはずだ。何か決定的な違いが。

今更それをどうすることもできないけれど、知らなかった
これまでの人生とこれからの人生はきっと違う。

いい歳こいて何言ってんの、ってとこだろうけど、ま、い
いさ。

もっと自分を解放して、もっと自分を開放して、たくさん
の感動を味わわなくちゃいかん、と思ったのだ。




posted by ミヤマ カヨコ at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: