2018年03月16日

3/16の日記

今頃何言ってんのだけど、黒澤明作品『蜘蛛巣城』を初めて
観た。

もう体も頭も芯から痺れた。

なんて凄い映画を作ってたんだと、なんで観てなかったんだ
ろうと思うことしきり。

私の好みのど真ん中なのだ。

私の中で溝口健二の『雨月物語』と双璧となった。

なんで観たのかと言えば、増田正造著『世阿弥の世界』を読
んでいて、その中で触れられていたからで、いいめぐり逢い
だった。

なんでこの本を読んだかと言えば、今年は「能」を観に行こ
うと思っていて、まずは予習しておく必要があるだろうと思
ってのこと。

歌舞伎、文楽と来たら、やっぱり能を観なくちゃなあ。


posted by ミヤマ カヨコ at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: