2013年02月24日

2/24の日記

ベルギーのジャコ・ヴァン・ドルマル監督の作品をDVD
で2本観た。『トト・ザ・ヒーロー』と『八日目』。

『トト・・・』はカンヌで最優秀新人監督賞を受賞し、
『八日目』はカンヌで最優秀男優賞を主演2人がW受賞し
ている。

二つの作品はもちろん別の内容ではあるけれど、共通し
たムードと色合いを持っている。

どちらも映画なればこそできる表現に貫かれている。
例えば顔の超クローズアップ。俯瞰の映像。ファンタジー
な映像。音楽の上手い使い方。

そしてこの監督が児童劇団を主宰していたことや、サーカ
スのピエロをやっていたことの影響が、色濃く出ている。

決して大きな作品ではないし、難しい作品ではない。

上手く作っているなあ、と感心する作品だ。

同時に、何かしみじみと、じんわりと、心がほぐれる作品
だ。

私の好みは『八日目』だな。いい映画だ。オススメ。



posted by ミヤマ カヨコ at 20:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

2/23の日記

なんだかすごく観たくなってルイス・ブニュエルの『自由
の幻想』のDVDを引っ張り出した。

やっぱり面白いね。

ブラックユーモアのオンパレード。

え、そう来るわけ?というあり得ない展開の連続。

「自由、くたばれ!」というフレーズはルイス・ブニュエル
の挑戦状だろう。

自由、自由と言いながら、ちっとも自由じゃないじゃないか、
自由っていうのは、こういうのを言うんだよ。ここまでやら
なきゃダメなんだよ。

という声が聞こえてくる。

すいません、軟弱で。


posted by ミヤマ カヨコ at 22:37| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

2/10の日記

アン・リー監督の作品が観たくてDVDで『グリーン・
デスティニー』観賞。
(http://www.youtube.com/watch?v=-3_O0m0SExo)

いやあ気に入った。

アジアンパワー結集という感じ。

映像がやっぱりいい。中国の雄大さがよく捉えられている。

そして音楽。タン・ドゥン作曲、ヨー・ヨー・マのチェロ
演奏なんて垂涎物。

もちろん武術映画ならではのアクションシーンもいい。

若いチャン・ツィイーもよかった。

で、やっぱりアン・リー。

武術映画と言っても、香港映画とはわけが違う。

やっぱり静かなのだ。そして深く心に沁み込んでくる。

このセンスが好きだな。

DVDではアン・リーの音声解説がついていて、それを
聴くと、また色々わかって面白いし、アン・リーその
人に惚れそうになる。

これはどうしても『ライフ・オブ・パイ』を観なくちゃ
いけないかもしれないな。

posted by ミヤマ カヨコ at 20:20| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする